良い競売どっと込む

  e-keibai.com

HOME  | 無料会員登録 | 特選販売物件 | 営業窓口 | 採用情報 | 会社概要 |      イワナホーム有限会社
最新競売物件情報
特選販売物件
落札事例
不動産競売とは
不動産競売の流れ
サービス内容と料金
リンク
不動産競売日記
-----------------

*競売手続きの流れ

通常行われる期間入札(裁判所が定めた期間内に入札を受け付け、後日開札により買受人を決定する方式)による競売手続きの流れを説明します。
 
■競売物件の公示■

 裁判所の掲示場に掲載される「広告書」やファクシミリ情報サービス等で、競売不動産を選択します。

 

■閲覧開始■

 裁判所の閲覧室で事件記録(物件明細書、現況調査報告書、評価書)を閲覧します。書類だけでは情報が不十分ですので、現地調査も欠かせません。

 

■期間入札開始■

 裁判所より必要書類を入手し、保証金(最低売却価格の約2割)を指定口座へ振り込みます。定められた入札期間内に、入札書と保証金振込証明書を郵便書留もしくは直接裁判所に持参して提出します。

 
■ 開 札 ■

 開札期日に裁判所の執行官が入札書の開札を行い、もっとも高い金額を提示した人が、最高価買受申出人に決定します。

 

■売却許可決定■

 裁判所は定められた期日に、最高価買受申出人に売却を決定します。

 

■代金の納付■

 買受の決定した人に、裁判所から代金納付期限通知書が送付されます。残代金の納付期限は、通常、売却許可が決定した日から1ヶ月半くらいの期間が指定されます。残代金を納付した時点で、所有権が移転します。

 

■嘱託登記申請■

 代金および登録免許税などを納付すると、裁判所は登記所に対して、所有権の移転登記をするよう嘱託します。買受人による登記手続は不要です。

 
■物件の引渡し完了■

 買受人は、引き継がなければならない賃借権等がある場合を除き、旧所有者や占有者に対して不動産の引渡しを求めることができます。不動産の引渡しが受けられないなど一定の場合は、引渡し命令の制度を利用できます。引渡し命令が確定すると、執行官に申し立てて強制的に立ち退かせることが可能ですが、強制執行費用や当該不動産内にある家財運搬・保管費用などが別途かかります。




Last Updated: Saturday, October 24, 2009.
All Images on this site are Copyright 2009 Iwana Home Ltd.
-----------